本せどりは絶対に取り組むな!その3つの理由とは?!

The following two tabs change content below.

広田光輝

転売ビジネスコンサルタント。ネットの時代にだからこそ自分以外の力を動かせる他力化ビジネスを研究している。人生の目的は「常に楽しく自分にわがままに生きること」

こんにちは、広田光輝です。

今日は「本せどりは絶対に取り組むな!その3つの理由とは?!」について解説していきます。

「本せどり」に皆さんはどんなイメージがありますか?

昔からある「本せどり」なので、初心者のせどり入門として始める方もいらっしゃるでしょう。
まだ今も本せどりは稼げるという人もチラチラいるとは聞きます。

しかし、いざ始めたけど全然稼げない…

そんな方も多いんじゃないでしょうか。

批判覚悟で、正直に言ってしまいますと、、、

「もう本のせどりは稼げません」

いや正確には、お小遣い程度だったら稼げると思いますが、
今の時代、大きく稼ぐのは難しいでしょう。

今日の記事では、どうして本せどりには取り組むべきではないか?!その理由を解説します。

それでは、早速みていきましょう!

本せどりは絶対に取り組むな!その3つの理由とは?!

では、早速「本せどりに取り組むべきでない理由」を紹介していきましょう。

1、とにかく手間が掛かるから
2、そもそも本の市場が縮小してきているから
3、在庫を抱えるリスクがあるから

以上、3つの理由になります。

それでは、ひとつひとつ順番に見ていきます。

本せどりに取り組むべきでない理由1.
とにかく手間が掛かるから

本せどりに取り組むべきでない理由の1つ目は、とにかく手間が掛かるからです。

本せどりでは、ほとんどの人が新品でなく中古本を扱います。

古本の販売なんですが…
実は仕入れの時にもすごく手間が掛かります。

どんなことかというと、基本的には全て一度だれかの手に渡った中古品なので、一冊一冊の状態のチェックが必要になるでしょう。

それに古本は、仕入れ後にも注意が必要です。
出品の前に破れや汚れ、書き込み、破損、付属品などのチェック、クリーニングなどやることが沢山あります。

こうした本の管理にかかる手間はバカになりません。

大量の本を持ち帰り、管理するのも大変ですよね。

古本を商品として販売していくのは、とにかく手間が掛かります。
これが本せどりに取り組むべきでない理由のひとつです。

本せどりに取り組むべきでない理由2.
本の市場が縮小してきているから

本せどりに取り組むべきでない理由の2つ目は、そもそも本の市場が縮小してきているからです。

実は最近、本自体の人気が落ちています。
今のデジタル化の波に押されて、紙の本自体の需要が減少しているんですよね。

紙の本の需要が減少すると、紙の本は売れにくくなるので、中古本販売にも影響を及ぼします。

本の人気が下がっているのには、幾つかの理由があります。

一番の理由は、スマホ・パソコンの普及でしょう。
若者だけでなく、中高年も活字離れや本離れが加速しています。

それに電子書籍の台頭もその大きな理由です。
コミック本市場に関しては、電子書籍が紙の本を上回っている状態なんですね。

これからもコミック本の需要の減少は続いていくでしょう。

そもそも本自体の需要が減ってきていることが、本せどりに取り組むべきでない理由の二つ目です。

本せどりに取り組むべきでない理由3.
在庫を抱えるリスクがあるから

本せどりに取り組むべきでない理由の3つ目は、在庫を抱えるリスクがあるからです。

本せどりは、まずは手元に仕入れてから販売する、有在庫での販売が基本です。
つまり、在庫を抱えるリスクが常にあります。

なぜ在庫を抱えることがリスクかというと、資金ショートの可能性があるからです。

そりゃあ、全ての本が仕入れた直後に売れていくのであれば、そんな心配はないでしょう。
しかしながら、現実的にはそんなことは難しいです。

もし商品が売れなければ、販売価格を下げる必要があります。
そして、それでも売れなければ仕入れた価格より下げて販売することになります。

もし値下げしてでも販売しなければ家が在庫商品で埋もれてしまうでしょう。
そのため在庫は値下げして販売したていくんですが、それを続けていくと資金がショートしています。

このように在庫を抱えて、資金ショートしてしまうリスクがあることから、本せどりはオススメできません。

まとめ

今回の記事では、本せどりに取り組むべきではない理由に関してお話させて頂きました。

そもそも市場も減少し、在庫リスクもある本せどりには、もう取り組むべきではないでしょう。

まだ効率の悪い「本せどり」を続けますか?

これからの時代に合ったせどりとは…
一言で言うと「手間を掛けない」せどりです。

今の時代のせどりは、とにかくシンプルで稼ぎやすいです!

ビジネスで大きく稼ぐためには、再現性の高い手法を実践することが大切です。

結果に繋がる手法でないと継続できません。
せどり初心者の方こそ、ちゃんと結果が出る手法を実践するようにしましょう。

結論から言いますと…手堅く稼ぎたいと思っているなら、リスクがない「無在庫せどり」に取り組みましょう。

無在庫せどりとは、文字通り「在庫を持たない転売」です。

無在庫転売だと、本せどりのように在庫を持つリスクもありませんし、赤字リスクもありません。

なので、これから転売を始めようと思っている方には絶対にオススメです。

稼げる最新せどりのの具体的なノウハウを知りたい!」と思っている方は、僕のLINE@で無料セミナーなども行っているので、ぜひ登録してくださいね。

→無料で国内物販ビジネス大全集を手に入れる!

今日も読んでいただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です