2018年メンタークラブ対談【1~4話まとめ】

The following two tabs change content below.

広田光輝

転売ビジネスコンサルタント。ネットの時代にだからこそ自分以外の力を動かせる他力化ビジネスを研究している。人生の目的は「常に楽しく自分にわがままに生きること」

こんばんは、広田光輝です。

この記事では「メンタークラブ対談キャンペーン」の第1話〜第4話(最終話)の要点をまとめました。

僕は、国内転売と、そのスキルを教えるスクールを運営しており、月間500万円以上稼ぐことができています。

「いきなりお金の話をして、いやらしい奴だな…」と思われたかもしれませんが、教えてくれる先生がちゃんと実績を出しているということを証明するために、あえて書かせてもらいました。

この記事を読むだけで、実際にネットビジネスで稼ぎ続けている方達の考え方を理解することができます。

それでは早速、第1話~第4話まで順番に見ていきましょう!

【第1話】本物の実力者8名が語る苦い過去…
“ネットビジネスを始めたきっかけ”に迫ります!

※【第1話】の動画はこちらになります。

広田光輝が国内転売をやり始めたキッカケとは?


僕が国内転売をやり始めたキッカケは「あんな先輩みたいになりたくないな…」と強く感じたからです。

当時の僕は、高校卒業して、プラスチックの製造工場で働いていたのですが、1日17時間〜18時間という劣悪な労働環境でした。

こんな環境で朝の5時半〜夜の11時まで単純労働を2年ほどひたすら行っていましたが、ある日気付いてしまったんです。

僕も先輩達とあまり変わらない人生を歩んでいるということに。

たしかに先輩たちはみんな良い人達でしたが、楽しみがパチンコ程度しか無く、僕は人として魅力をあまり感じることができませんでした。

「僕も将来あんな風になってしまうのか」と考えると急にゾッとして、自分で稼ごうと決断しました。

副業に取り組むほとんどの人が、行動できない理由とは?

行動できない良くある理由は「プライドが高すぎる」からです。

これは、稼ぎ方をかっこつけてしまったり、「今の仕事を頑張っているのに、誰でもできる”転売ビジネス”に取り組むのか…」と思うことが挙げられます。

でも、ちょっと考えれば分かりますが、どのビジネスでも初めは泥水を飲みます。

基本的に初めから「楽してカッコよく稼げる」ビジネスなんてありません。初めは誰もが必死に努力しますし、苦労もします。

しかし、ちゃんと結果を出していけば、その先にカッコつける道がちゃんと待っているんです。

実際に「前村さん」は、初めは物販ビジネスで稼いでいましたが、今では代官山にオーダースーツのお店をオープンしています。

ですので、いかに自分の小さなプライドを、最初に捨てられるかが大事になってきます。

ちなみに僕の元で稼げるようになった方々は例外なく、人から何かを学ぶときに、自分よりも年下だったとしても頭を下げられる素直さを持っている方たちでした。

実際に僕や小玉さんも、「たとえ年下だったとしても、スキルや実力が上なら、頭を下げて吸収できるものはちゃんと吸収する」というスタンスで学び続けています。

メンタークラブ対談【第1話まとめ】

ここまでをまとめると、成果を出している人は、小さなプライドを捨てられる人です。

素直に「この人から学ばせていただく」という気持ちで、副業に取り組む方は自然と稼ぐまでのスピードが早いです。そして、初めはどうしても手を動かしたり、努力が必要になってきます。

第2話では、これまで僕たちが、どのくらいの行動量をとってきたか? について詳しくお話しています。気になる方はこのまま読み進めていってください!

期間限定で無料セミナー開催中!
ライバル不在・リサーチ不要
そんな胡散臭い内容に興味がある方は・・・

⇒ http://h-oneroad.com/s/index.html

【第2話】結果を出すために、彼ら・彼女らは
どれだけ泥水をすすってきたのか?

※【第2話】の動画はこちらになります。

稼いでいる人の作業量はどれくらい?

稼いでいる人は例外なく、初めはしっかりと量をこなしています。

小玉さんや、対談をとったメンバー全員が大きくうなずいた部分でもあるのですが、稼げない人の99%は「ちゃんと行動していない」ということが原因です。

もし仮に本人が「精一杯やっている!」と思ったとしても、僕たちの基準値からしたら、全然足りない…ってことも往々にしてあります。

じゃあどれくらい作業をやったら良いのか? と疑問に思うと思うので、突き抜けた結果を出している「中川さん」と「相原さん」を例に挙げて解説していきます。

中川さんはどれくらい作業をしていたかというと・・・

バスケの講座をやっている中川さんは、まだ全く稼げていない会社員時代から、泥水を飲むような努力をしていました。

中川さんは、仕事を終えて、家に帰ると、一旦10時ごろに寝ていました。

で、朝の3時に起きて、そこから出社するまでの8時まで、ひたすら作業をしていたそうです。

また、今でも、セールスする日は、1日18時間くらいぶっ続けで、メルマガや映像をまとめたりするそうで、夢の中で仕事をするくらい没入して取り組んでいます。

広田
僕も転売ビジネスを知った時は、仕事以外でお金を稼ぐ事ができることに衝撃と楽しさを感じて毎日何時間もパソコンを触りました。とにかく目がさめるとすぐにパソコンが触りたくなる。そんな感じでした。そのおかげでスタート時点からたくさん行動した事で、たくさん失敗も成功体験もできた事が短期間で結果の出せたポイントだと思ってます。

相原さんはどれくらい作業していたかというと・・・

相原さんが学生時代に、カメラ転売に挑戦したときは、

  • 朝6時から前日に仕入れた商品の出品作業を行い、
  • 朝8時になったら仕入れするために中野に行って仕入れを行い、
  • 家に帰ってからは寝落ちするまで出品作業を行う。

 

という鬼のようなサイクルで転売ビジネスに取り組んでいました。

この作業量を月収100万円を達成するまで行っていたのです。そして、今でも7時半に起きて作業を行っています。

相原さんは、「好きなことは仕事です!」と言い切れるくらい突き抜けないと、大きな結果を出すことは難しいとおっしゃっていました。

広田
僕の見解だと「時間をとにかくかけましょう」と言っているのではなくて、自分が取り組んでいるビジネスを好きになる。という事です。子供の頃にテレビゲームをしていた時、時間を忘れて集中した経験はありませんか?好きな事だと時間を忘れるくらい頑張れる。よって自ずと結果も出て来るということですね!

成果がなかなか出ない人に対して思うこと

成果がなかなか出ない人を、小玉さんや対談メンバーの基準値で見てみると、「これ、絶対やってねぇだろ…」と思うケースも多々あります。

確かに、行動量は大事だということが分かったとしても、なかなか自分のやる気に火を付けられない人も、少なくないと思います。

そういった人がどうやっていけばよいかについてここでは説明していきます。

動けない人は、自分をとことん追い込むべき!

行動できない人ほど、後がない状況に追い込むべきだと思います。

なぜなら「逃げ道」があると、人間はなかなか行動できないからです。

僕も実際、SNSなどで「俺は社長になって成功する!」と公言しました。笑 友達や家族からすると「こいつ何夢見てんだよ。」と思われたかもしれませんが、僕としてはまわりに公言したことで「絶対叶えてやる」と強い決意となり、それが行動力に大きく変わったと思っています。

口だけ野郎ってめちゃくちゃダサいじゃないですか・・汗

とりあえず行動する!

不確定な部分があったとしても、とりあえず行動することが大事です。

完璧主義を目指している人があまりに多いです。完璧になってからスタートを切っていたら、いつまで立ってもスタートできません。

バスケで稼いでいる中川さんは、「とりあえず行動する」ということを愚直に実践されていました。

「バスケで稼ぐ!」という軸が見つかるまでは、5年くらい迷走しつづけたそうです。(メンタルコーチの資格を70万円掛けて取ったり、ブログを5個以上立ち上げて全てコケたりしたそうです。)

でも、不完全な状態だったとしても”行動”したからこそ「自分に合う、合わない」をいち早く知ることができたんです。

このように、結果が出ている人って、圧倒的に行動力があります。とりあえず走り出してから、修正を繰り返していくというのが一番結果が出るのが早いんです。

最初は上手くできなかったり、いろんなことでづまづいてしまうのは、当たり前です。

失敗しても何も失うものなんて無いのに、失敗を恐れすぎている人が多すぎます。(僕も初めは失敗を恐れていましたが、今振り返るとバカバカしいことで悩んでいたなぁ〜と思います。)

ですので、「とりあえず行動する」「怖くても一歩を踏み出す」ということを意識してもらえればと思います。

広田
転売を実践してうまくいかない人に共通するポイントが「細かい事を気にしすぎている」というタイプです。目の前に見た事ない食べ物があったら「美味しい」か「不味いかは」一口食べてみないとわかりません。失敗するかもしれないから・・・と悩むくらいなら、失敗しても最小限のリスクに押さえた上で自ら失敗してみたほうが得られる事は大きいですよね!

メンタークラブ対談【第2話まとめ】

第2話を一言でまとめるなら、こちらの画像にもあるように、「頑張らなきゃ結果が出ない」ということです。

不安になってしまったり、先が見えなくなってしまって、手が動けなくなってしまう人がたくさんいますが、手を動かさなかったら1円も稼ぐことはできません。また、先が真っ暗な中でも、進むべき方向を光を照らしてくれるのがメンターの役割だと思っています。

これまで色んな人を見てきましたが、稼げる人の特徴は、

  • メンターを信じて、暗闇でも走りきれる人
  • 「とりあえずやろう!」と動ける人

 

といったタイプの人です。

ぜひ、「とりあえず行動する」ということを意識して、日々を過ごしてみてください。

期間限定で無料セミナー開催中!
ライバル不在・リサーチ不要
そんな胡散臭い内容に興味がある方は・・・

⇒ http://h-oneroad.com/s/index.html

【第3話】初心者に結果を出させるための指導法とは?
4人の指導者がその秘密を語ります!

※【第3話】の動画はこちらになります。

どんなことを意識して、生徒さんに教えているのか?

第2話では「結果を出すために自分がどのくらい頑張ってきたか?」とうお話をしましたが、第3話では「生徒さんたちに結果を出してもらうために、どれだけ頑張っているのか」という先生という側面にフォーカスを当ててお話していきます。

ようするに、「生徒さんに結果を出してもらうために、どんなことを意識しているのか?」 についてです。

僕の場合は、動画でもお話しているように、意識していることは、「成功イメージを掴んでもらう」ということです。

やっぱり初心者の方だと、自分がどこに向かっていけばよいのか分からない人が多いと思います。

ですので、「何をどのくらいやれば、どんな結果が出るか?」という部分を、出来る限り明確に伝えるようにしています。

僕のスクールでは圧倒的に初心者の方でも結果が出るのですが、この理由はノウハウの再現性が高いことは当然ですが、やっぱり、

  • どの作業を
  • どのくらいの頻度で
  • どんな順番で
  • どんな基準で、行うのか?
  • ということをちゃんと、カリキュラムに盛り込んでいるからだと思います。

    短期間で結果を出しやすい人の特徴

    これまでたくさんの生徒さんを教えてきた経験から、すぐに稼いでいしまう生徒さんの特徴を解説していきます。

    すぐに稼げる人の特徴1. 積極的な人


    すぐに稼げる人の1つ目の特徴は「積極的な人」です。

    三浦さんがおっしゃっているように、コミュニティでの投稿数と成長率は比例します。反対に、教材を買ったのにも関わらず、斜に構えている人や、消極的な人は、稼げずにフェードアウトしてしまう傾向が強いです。

    実際に今までの生徒さんの中でも、イベントがある時に、全国どこでも参加していた人はみんな結果を出せるようになっています。

    「なぜだろう?」と考えた事があって、「結果の出ていない時でも交通費かけて先生に会いに行く」という時点で、その人の人生の優先事項が「ビジネス」になっているからだと思います。

    それほど優先的に考えていられるなら、逆にうまくいかない方が難しいと思いました。

    このようにガンガン積極的に参加してくるメンバーの方は、すぐに稼げるようになっています。

    すぐに稼げる人の特徴2. レスが早い人


    すぐに稼げる人の1つ目の特徴は「レスが早い人」です。

    「やります!」と宣言してから、こまめにレスをしてきたり、アドバイスに対してすぐに返信する人は稼ぐスピードが早いです。

    結局自分がやると決めたことに対して、優先順位をちゃんと上げて行動することができる人は、成長する速度が早いんですね。

    反対に「仕事で〇〇だったから、できませんでした・・・」というように、優先順位を下げて、ちゃんと行動できない人はあまり伸びません。。。

    すぐに稼げる人の特徴3. 依存体質じゃない人


    すぐに稼げる人の3つ目の特徴は「依存体質じゃない人」です。

    動画でも話したように「ノウハウばっかり聞いてくる人」は、あまり稼げない傾向があります。

    なぜなら、常に「与えられること」を待っている依存体質の人が多く、自分から能動的に行動しないからです。

    反対に、短期間で稼げるようになる人は「ノウハウ」よりも「経験」を質問する人が多いです。

    例えば、

    • 「広田さんは転売でどんなルートを辿ってきたんですか?」
    • 「どういう失敗を経験したんですか?」
    • 「こんなときはどうやって考えていましたか?」

    といった質問をする人は、短期間で稼げるようになっていますね。

    すぐに稼げる人の特徴4. 基準値をこちらに合わせられる人

    すぐに稼げる人の4つ目の特徴は「基準値をこちらに合わせられる人」です。

    稼げるようになる人は「基準値」や「会話」などをこちらに合わせよう努力する方が多いです。

    しかし、稼げない人は「自己判断する人」や「自分のペースで物事を進める人」が圧倒的に多いんです。

    あなたの判断・ペースで結果が出るなら、今頃ちゃんと稼ぐことができているはずですよね。

    もし現状、上手くいっていないのなら、まずは素直にメンターの教えを忠実に実践することが大事になってきます。

    結果を出させるための指導法

    ここからは生徒さんに結果を出してもらうために、どんなことを気をつけているか、その指導法について語ってもらいました!

    指導するコツ1. まずは「1人」ちゃんと結果を出せる人を作る

    結果を出させるための指導法その1は「まずは”1人”ちゃんと結果を出せる人を作る」です。

    三浦さんや前村さんがおっしゃっているように、まずは1人でも良いので、ノウハウを実践して結果が出せるようになる人を作ることが大事です。

    1人でも成功者を作ることができれば、コミュニティの雰囲気が「俺もできるんじゃね!」というようにガラッと変わります。

    これはつまり、同じ立場にいる人間だからこそ、身近な成功をリアリティを持って受け止められるということです。

    そうなればあとは、コミュニティのステージが一段階上がって、メンバー達が次々と結果を出していくようになっていくのです。

    指導するコツ2. あえて教えない

    結果を出させるための指導法その2は「あえて教えない」です。

    僕は昔、「あれやってください」「これやってください」と厳しく指導していましたが、結局実践する人は限られていました。

    しかし、「すべてに対して僕が直接アドバイスしない」というスタイルを取り始めてからは、結果を出す人が増えていったのです。

    これは植物でも全く同じで、水を毎日やっていると、簡単に水分を得ることができるので、根を深く伸ばそうとはしません。しかし”日照り”が続くと植物は水分を求めて、根を下に下に伸ばします。

    そして水を与えられたときに、乾いているので、これまで以上に吸収することができるんです。

    このように、人に何かを教えるときは、あえて「乾き」を作ることで、成長速度を上げる工夫をしています。

    指導するコツ3. 成功せざる得ないという気づきを与える

    結果を出させるための指導法その3は「成功せざる得ないという気づきを与える」です。

    書道家の坂本さんは、「今のことをずーっと続けていたとしても、人生は何も変わらない」ということを認識してもらうようにしているそうです。

    本人のこれまでと、これからを深掘りすることによって、「あ、俺、このままじゃ、ヤベーじゃん…」ということに気づかせて、行動せざるえない状況を作り出すのです。

    指導するコツ.4 先輩が教える環境を作る

    コミュニティがあれば、先輩が後輩に教えるという土壌が出来上がっているので、初心者がつまづきにくくなります。

    これは色んなレベルの人たちが、同時並行でコミュニティに所属することによって得られるメリットです。

    なので、コミュニティ全体が一つの目標に向かって進むような環境作りは大切になってきますね。

    メンタークラブ対談【第3話まとめ】

    第2話を一言でまとめるなら、「100人の成功者を出すよりも、1人の成功者を出すことにこだわれ」ということです。

    初めにコミュニティに参加したばかりの初心者は、「本当にこの手法を続けて稼げるんだろうか?」という疑問を持っていると思います。

    しかし、そのコミュニティで、実際に結果を出している生徒さんが1人でも入れば、「あっ、俺も頑張れば稼ぐことができるんだな」というように、自分が稼げるということに対してリアリティを持つことができるようになります。

    ですので、反対にいうと、「これから稼いでいきたい方」は、いかに自分が稼げるということに対してリアリティを持てるかをデザインする必要があるということです。

    「じゃあ、具体的にどうやったらいいの?」という部分に関しては、第4話で解説しているので、ぜひ参考にしてくださいね!

    期間限定で無料セミナー開催中!
    ライバル不在・リサーチ不要
    そんな胡散臭い内容に興味がある方は・・・

    ⇒ http://h-oneroad.com/s/index.html

    【最終話】これから時代はこうなる!
    だから、私たちはこうやって生きていく!

    ※【最終話】の動画はこちらになります。(僕のパートは21:55〜です)

    広田光輝が描く未来予想

    これからの時代は、自分の欲求に対して、素直に進める時代になっていくと思います。

    昔だったら、起業して自分で稼ぎたいと思ったとしても、選択肢が限られていました。

    例えば、起業するためには

    • 「まず1000万円貯めなければいけない…」
    • 「銀行に何千万も融資してもらう…」

    といったことが必要でした。

    そして、起業して失敗すると、銀行から何千万の融資を借りているケースが多かったので、自己破産するしかありませんでした。

    このことを考えると、ネットビジネスでたかだか半年やったけど上手くいかなかったとかは、失敗でも何でもありません。

    つまり、ネットビジネスにおいて、心配を怖がる必要は1ミリもないということです。

    これからネットビジネスに挑戦する人たちがどんどん増えれば、もっとこの業界も面白くなるなと感じています。

    ネットビジネスの可能性とは?

    ネットビジネスの可能性は年齢・肩書が関係ありません。

    これは僕自身が証明しています。学歴がド底辺でしたし、工場に就職していた「元やんちゃ小僧」が、今では会社を経営して4年が過ぎようとしています。

    このように、ネットビジネスは誰にでも平等にチャンスをくれる、まさに天から垂れてきた蜘蛛の糸のような存在なんです。

    今後、どんな人が稼げる?

    今後、稼いで行く人は、一言でいうなら、「ノリと勢いがある人」です。

    これまでの動画でお伝えしてきたように、

    • 積極的に行動出来る人
    • とりあえず行動する人
    • 走りながら考える人

    こういった人が、今後も稼いでいくでしょう。

    いくら勉強したとしても、いくら考えたとしても、実際に手を動かさなければ1円にもなりません…。

    しかし、ちゃんと実践さえすれば、結果がついてくるのが、ネットビジネスです。(特に転売ビジネスは、この傾向が顕著ですね)

    そして、ノリと勢いさえあれば、目立てるし、行動も伴うので、成長スピードが早くなるんです。

    メンタークラブ対談【最終話まとめ】

    「ネットビジネス」は、やれば結果が出る世界です。

    しかし、誰もやらないし、続けられる人も少ないので、まさに「やったもん勝ち」の世界です。

    これからどんどんネットビジネスに参入する人が増えてきますが、今のうちからスキルを学んで実践していけば、確実に先行者利益を得ることができます。

    動画でもお話しているように、僕は転売ビジネスにおいて、誰よりも初心者の「0→1」までをサポートしてきた自信があります。

    もっと詳しく知りたい方は、期間限定で無料セミナーを実施するので、ぜひ直接僕に質問してください!

    期間限定で無料セミナー開催中!
    ライバル不在・リサーチ不要
    そんな胡散臭い内容に興味がある方は・・・

    ⇒ http://h-oneroad.com/s/index.html

    2 件のコメント

  • 初めまして、転売の経験はありませんが是非挑戦したいと思っていますが57歳の私でも出来るものでしょか?会社に勤めていますが会社には分からない様に出来ますか?資本金はいくらぐらい要りますか?
    後、娘がメルカリを活用していて、今子育ての最中で仕事を探しています。是非教えてやって頂けたら幸いです。
    和歌山県に住んでいます。大阪が一番近いので参加出来たらと思います。
    お昼にしか娘に連絡が取れないので参加の申し込みは聞いてからになります。
    よろしくお願いします‍♀️

  • 動画をありがとうございました!転売でも何でも会社員の仕事以外に稼げる仕事が欲しいです。22,23日に予定されるセミナーに参加したいと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    転売ビジネスコンサルタント。ネットの時代にだからこそ自分以外の力を動かせる他力化ビジネスを研究している。人生の目的は「常に楽しく自分にわがままに生きること」